読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ym活動記録

日々の生活や趣味についてダラダラと。カメラ、レザークラフト、ロードバイクが趣味の平凡男子です!

梅雨の憂鬱

こんばんわ!

東京に住み始めて先日1年が経過したのですが、元もと横浜に住んでいたので正直東京に来ても何も変わらないだろうと思っていました。

実際はそこまで大きな変化があったわけではないのですが、1年経って思い返してみるとストレス耐性がなくなってきたのかなと思うようになりました。

 

 

もともと気が弱くて周りに迷惑をかけないようにひっそりと日々過ごしていたタイプだったのですが、このままじゃいかんと社会人になってなるべく色々な人と積極的に話していこうと思い、いろいろ話すうちに少しづつ人見知りもなくなってきました。まだ完全になくなったわけではないですけどね。

 

 

そんなこともあってか、今までだったら人にぶつかられたりしてもなるべく相手の気分を悪くしないように頭を下げたり声に出して謝ったりしてその場をやり過ごしてきました。

 

 

東京だけではないとは思いますが朝の通勤ラッシュの時間帯はどうしても駅を歩いているだけで人にぶつかってしまう機会が多く、男性の方に多いのですが前から人が来てても避けるのではなく辺りに来る人もいるわけです。もちろんわざとではないのかもしれませんが、こちらは避けているのにぶつかってしまうので私はそう解釈しております。

 

 

 

おそらく自分の中でそういうことに対する色々なことがこみ上げていたのでしょう。

ぶつかってしまった時に嫌悪感のようなものが全面的に出てしまったのでしょうね、相手の方に呼び止められてしまいました。

そこで謝ればよかったのですが、こちらとしても避けているのに思いっきり肩をぶつけられていたので少々言い合いになってしまいました。

 

 

朝の通勤時間ですから、お互い時間もないのでお互い言いたいこと言ってその場は収まりましたが、この出来事を踏まえてストレス耐性が自分にはないと痛感しました。

こんなことで感情的になっているようではこの先もっと色々なことが降りかかってくる可能性があるのに、その時自分はどう対処できるのだろうかと。

 

 

あの場面は私の目線ではこちらが避けたように思っていても、相手からしてみたら私がぶつかってきたと思われても仕方ない、相手のことも考えた対処をできなかった自分は弱いと思いました。

 

 

具体的に今後どういう形でこういった状況を解決するかを色々考えたのですが、ムキにならず、先にその状況から降りようという結論に達しました。

今回私にとっては普段人に対してここまで嫌悪感をむき出しにしたことはなかったので大きな出来事のようになっていますが、一般的に見れば大したことはない些細なことです。

些細な出来事に労力やメンタルを削るのであれば、もっと他に使い道はたくさんあります。時間も削られてしまいますしね。遠くに時間はお金では買えない非常に貴重なものですから、それこそ無駄遣いです。

 

 

 

自分自身の人間的な成長のためにも、客観的に見て些細なことに対しては労力や時間を使わず、もっと自分自身の成長のために使おうと思います。

 

 

 

最後に言わせてもらうとするならば、朝の通勤時間などの比較的周りが急いでいるのがわかっている状況で歩きスマホをしてだらだら前も見ずに歩いているにもかかわらず、避けているのにぶつかってきて文句言うのはモラル的に色々おかしいとは思います笑

 

 

最近本当にスマホを見ながら前を見ずに歩いている人が多いですが、それで人身事故とかもあったそうですから、本当に1つのマナーとして、周りにかける迷惑も考えて行動してくれる人が増えてくれればいいなと思います。

 

 

 

でわ!